不動産

不動産購入に関するQ&A

不動産を購入する際の流れを教えてください

不動産を購入する際の流れを教えてください

不動産を購入することが決まったあなた。「いつ何を準備すればいいのかわからない」という疑問はありませんか。安心して不動産を購入するためには流れを知っておくことが大切です。そこで、ここでは不動産購入の流れを解説していきます。

不動産購入の流れについて

まず大前提として仲介物件と分譲物件では流れが若干異なるという点を理解しましょう。ここではどちらのケースにも該当するかたちでお伝えしていきます。

1.希望条件を整理する

不動産を購入するのであれば一戸建てにするのかマンションにするのか、間取りの希望はあるか、入居時期はいつなのか、そういった条件は考えておくとよいでしょう。特に予算の決定は重要です。預貯金の額や住宅ローンの借入可能額を確認したうえで、どのくらいの額までなら支払いが可能か、予算を立てておきましょう。

2.不動産を探す

インターネットなどを使って不動産の情報を収集していきます。最初に考えた希望条件で検索してみましょう。また、不動産会社に相談するのも1つの手です。不動産会社であれば、レインズ(不動産流通機構が運営するコンピュータ・ネットワーク・システム)に登録されている不動産の中から希望条件に合ったものを選んでくれます。

3.不動産を見る

希望に合った不動産が見つかったら実際に見学してみましょう。新築の場合にはモデルルームを見学することになります。気になった点については担当者にこまかく質問しましょう。

4.不動産会社と媒介契約を結ぶ(分譲物件の場合はなし)

仲介物件の場合、不動産会社との媒介契約を結びます。媒介契約を結ぶことによって売主との交渉や物件説明、契約手続き、引き渡し手続きなどのサポートを受けることができます。ちなみにこの工程については分譲物件の場合にはありません。

5.資産計画を立てる

次に資産計画を立てます。住宅ローンの金利や毎月の返済額を計算して、不動産の購入が決まっても問題ないように万全の準備してください。不動産購入にかかわる諸経費なども算出して資産計画を作成します。

6.不動産の購入を申込む

希望条件とマッチする不動産が見つかったら、売主に購入を申込みます。一般的には申込書に必要事項を記入して書面で提出します。このタイミングで2~10万円ほどの申込証拠金を支払います。

7.不動産の売買契約を結ぶ

次に不動産会社の宅地建物取引士から重要事項の説明があります。この際に購入物件や細かな条件についての確認をしましょう。契約書の内容などについても納得できたら、いよいよ売買契約になります。売買契約を結ぶ際は、手付金として不動産の価格の10~20%程度のお金が発生しますので留意してください。

8.住宅ローンの契約を結ぶ

売買契約が完了したら、住宅ローンを利用する場合にはその申込みをします。金融機関での審査を無事に通過したら正式に金融機関とローン契約を結びます。

9.不動産の引き渡しを受ける

不動産の購入価格から手付金を差し引いた金額を売主に対して支払います。この際には金融機関から直接、売主に対して振り込んでもらうことも可能です。残金の決済を済ませたら、不動産の引き渡しになります。売主から鍵を受け取り、司法書士による登記がおこなわれたら、不動産購入の手続きは終了です。

いかがでしたでしょうか。ここまで不動産購入の流れについて解説してきました。もし不動産売買についてご不明な点などありましたら弊社までお問合せください。

Q&A一覧