不動産

不動産に関するQ&A

リフォームとリノベーションの違いとは?

リフォームとリノベーションの違いとは?

「リフォームとリノベーションの違いがわからない」といった方は少なくないでしょう。実際のところこの2つは混同されて使用されがちです。結論からお伝えすると、リフォームは古くなった住宅の取り換えなどのことを指し、リノベーションは住宅に新しい機能を取り付けることによって価値を生み出すことを指します。ここではリフォームとリノベーションの違いについて詳しく紹介していきます。

リフォームってなに?

よく耳にするのがリフォーム。住まいの一部の修繕など、主に「古くなった住宅を元の状態に戻す工事」のことを指します。クロス、壁紙の張り換え工事をはじめ、洗面、キッチン、トイレなどの取り換え工事などがあります。

リノベーションってなに?

リフォームと比べると聞き馴染みがないかもしれませんが、リノベーションは「住宅を新しく作り変える工事」のことを指します。例えば、間取りを変える工事、設備配管を新しい配管に交換する工事などです。このほか、断熱材を入れて住宅性能を高める工事もそうですし、壁の補強などによって耐震性能を高める工事も該当します。

リフォームとリノベーションのメリットは?

それではリフォームとリノベーションのメリットについて見ていきましょう。

リフォームのメリットについて

まずリフォームのメリットとしては工期が短いという点が挙げられます。リフォームの場合、短いと半日ぐらいで終わるものもあるので手軽に始められるでしょう。また、工事費が比較的安いといったメリットもあります。必要最低限の修理や交換であれば、それ以外にかかる費用は発生しないケースが大半です。さらに住みながら工事を進めることができるといった点も嬉しいポイント。短い期間で、部分的におこなうので、住みながら工事を進めることもできます。

リノベーションのメリットについて

次にリノベーションのメリットは自由設計ができることです。スケルトンリフォームの場合、構造体以外については全て撤去する工事になるので、新しく設計することができます。自分好みの住宅にしたい場合は嬉しいポイントでしょう。また、資産価値が上がるといったメリットもあります。築年数に左右されることなく、住宅の性能やグレードを上げることによって不動産価値も上がります。さらに、当然ではありますが新築よりも安くできるというメリットもあります。基礎台や構造体などをそのまま使うのでその分、節約になります。

いかがでしたでしょうか。ここまでリフォームとリノベーションの違いについて説明してきました。要約すると、元に戻すならリフォーム、新しい価値をつけるならリノベーションということになります。不動産売買について不明な点などがございましたら弊社までお気軽にお問い合わせください。

Q&A一覧